日々の制作と生活を、思いつくままに描く。札幌在住、美術家。西田卓司のブログ。


by takuji0808

ウォーホル 01

はじめてアンディ・ウォーホルの作品をみたのはいつだろうか。
中学校の美術の教科書か、あるいはそれ以前に記憶に刷り込まれているのか。

無性にウォーホルの作品を見たくなる時がある。
別に、それらの作品から何かを確認したい訳でも、感動したいわけでもない。

ただ見たくなるのだ。

そのときウォーホルはどこまでもウォーホルでしか無い。

自分にとって、ウォーホルの作品は鏡だ。作品ではなく、自分をみている。

その鏡は、スルリと自分の現実に現れ、時々きらめく。

誰もが、そんな鏡をもっている気がする。
[PR]
by takuji0808 | 2009-10-03 11:03