日々の制作と生活を、思いつくままに描く。札幌在住、美術家。西田卓司のブログ。


by takuji0808

無重力絵画

ポロックが絵画を床に置く前から、絵画は地場を持っていた。

重力を基準にして絵画を考える。

絵画そのものが重力をもつこと、
絵画に地球の重力を感じさせる痕跡を残すこと、
感じさせないこと。


その前提条件を崩すために、無重力状態で、
あるいは月面で絵を描く人間がきっとでてくるだろう。


「2001年宇宙の旅」にでてくるモノリスのように、
宇宙空間に浮かぶ絵画が、頭に浮かぶ。

それは絵画の新しい夜明けか否か。
[PR]
by takuji0808 | 2009-10-24 10:09 | つぶやき