日々の制作と生活を、思いつくままに描く。札幌在住、美術家。西田卓司のブログ。


by takuji0808

ジブリのキャラ属性と萌え

型を最初に設定する作品の見せ方は、キャラ属性だけに限らない。

例えばジブリ作品を見に行く人は、ジブリ萌えをしたいと考えている。

ナウシカやトトロ、ラピュタをバックに感じながら、
強いヒロイン属性、野生児属性、おばあちゃん属性などを
キャラ属性として求めていく。

そのほかも同じように「ジブリ的アニメーション表現」
(緑、走り、機械など)を求めて、それらがでてくると
「いよっ!待ってました!」となるわけだ。

借りぐらしのアリエッティをみると、そのような「ジブリ的な表現」
(ジブリあるあるネタ、タグ)が明瞭にあるのが印象的だった。

これが宮崎駿監督作品であれば得意な表現方法なんだなー、
で話が終わるのだが米林宏昌監督作品で、
ディズニー化していくジブリが出した作品と考えれば、
アリエッティは日本的ミニマリズムな作品なのだなーと思う。

宮崎駿の死後もジブリであり続けるための作品とでもいうのだろうか。


話がずれてきた。

つづく

c0211701_12263854.jpg

[PR]
by takuji0808 | 2010-08-02 12:27 | つぶやき