日々の制作と生活を、思いつくままに描く。札幌在住、美術家。西田卓司のブログ。


by takuji0808

<4>「失われたタブロー」なぜ原色を使うのか。

「失われたタブロー」なぜ原色を使うのか。

●コンセプト

色は、必ず褪せる。
だからこそ持つ暴力性を表現したい。


●個人的感覚

混色が苦手なんです、基本的に!

油絵をやっている人に比べたら色に対する執着は少ないと思います。
画面全体の色のバランスはもちろん大事にしていますが、
たぶんこれはデザイン的な、レイアウトの感覚のほうだと思う。

予備校時代に油絵もやったし、楽しかったけど、大学に入ってから
急に性に合わなくなった。それまで、ものすごく渋い絵を描いていた。

一色一色の絵の具に対するフェチズムや、透明な色の扱いずらさに対して
コンプレックスがある気がする。

絵の具の名前とか覚えられないしなあ。


黄色の下地は、原色メインの絵に対して発色のよさと
バランスのとりやすさ、ビジュアルの作りやすさが魅力です。

あとあんまり黄色をメインに使った絵を描いている人が周りにいなかったから、
個性になるんじゃないかと不遜にも思った。

最近パソコン上で似たような感覚で構成しているのは
ドローイング的で性に合ってる。

しかし、飽きっぽいくせに地道にやるのも好きで、
色にこだわっているくせにフェチズムはないとか言ってたら
単に天の邪鬼なだけかもしれないなあ。

つづく

c0211701_133447.jpg

[PR]
by takuji0808 | 2010-08-27 09:45 | 作品解説2010