日々の制作と生活を、思いつくままに描く。札幌在住、美術家。西田卓司のブログ。


by takuji0808

<8>「コラージュ」ってなんだろう?

「コラージュ」ってなんだろう?

今回新たに挑戦したコラージュ作品は、いろいろギリギリの作品になった。

すごく読み解きづらい作品で、どう考えればいいのか、自分でもよくわからなかった。

もっとコンセプトを絞って、読み解きやすい作品にまとめ上げることが
できるかもしれないけれど、コラージュは基本的に材料となる紙ありきだから
うまく作業が進まないという欠点があるんだよなー。(いいわけ臭いけど)

コラージュという制作方法自体がこれまたフォーマットがしっかりしたジャンルなので
更によくわからない状態になった原因でもある気がする。

コラージュというのは表面的に意味ありげな要素がいっぱいあるので、
鑑賞者は(そして制作する者も)、表面の奥にある意味を求めてしまうが、
実際コラージュ作品の本質はその表面的な部分のみだとおもう。

絵画のフェチズムが筆跡と絵の具の色彩、透明感にあるなら
コラージュは印刷と不透明のレイヤー、慨視感にあるんだろうな。

イメージ、画像、紙のペラペラ感はコラージュにとって大切な要素だと思う。

特に「ペラペラ感」は、今回はすごく意識した
その「ペラペラ感」ってのがうまく言葉にできない要素だ。

まあどちらも表面何ミリの表面性の話になるので、
やっぱり絵画の呪い(絵画ありきの世界)があると思う。

コラージュは既製のイメージを用いるので、
そのイメージに作品が引っ張られやすくて、それに最後まで苦労した。

つづく

c0211701_1511079.jpg

[PR]
by takuji0808 | 2010-08-31 07:45 | 作品解説2010