日々の制作と生活を、思いつくままに描く。札幌在住、美術家。西田卓司のブログ。


by takuji0808

歯車とジャスコ

福岡韓国旅行のために心フワフワしているのか、
禁煙のせいなのかわからないが、作品が上手く進まない。

単純に心情のせいではなく、姉の結婚式とか家がバタバタして
手伝いが多くなるとかそういう理由もあるんだけど。

ともかく、筆が上手く動いてくれなかったり、描いている途中で
肩甲骨あたりの筋肉がつりそうになったり。

色んな歯車が噛み合ってない感覚だ。
言い訳臭いことは自己嫌悪になるし、甘ったれなことを言っている
場合じゃないんだけどさ。

悶々とする時期なんだろうな。去年の今頃もそうだった。

    ■

話は変わって、ジャスコに行ったとき改めて感じたこと。

しっかしサプリメントな空間だよなー。これが都市になれば、札幌だよなー。


いわゆる郊外というキーワードを都市と比較して対立構造としたり、
逆に都市に持ち込んでみたり、色々言説があるとは思うんだけど、
札幌という都市自体郊外に近いものなので、都市/郊外間に生じる緊張感が薄い気がする。

ジャスコを歩いて思うのは、こういう空間から想像力が生まれてくるか、
ということ。もちろん郊外のリアリティは存在するし、そこから生まれた
表現もあるだろうが、それ自体画一的な、紋切り型になる印象。

前述のように、札幌という都市は郊外的なものだと仮定して
その果てにあるとしたら、そこから郊外のなれの果てのような奇形が
生まれてくることを期待したくなるのは自分だけだろうか。

まあ、郊外的な想像力という考え方も単純ではないから勉強したいし、
アプローチの仕方ももっと考えていかないといけないとは思うんだけど。

漠然とした印象しか言葉にならないのは単純に勉強不足だからだろうな。

c0211701_12283027.jpg

(息抜きに描いたART MAN)
[PR]
by takuji0808 | 2010-10-24 12:29 | つぶやき