日々の制作と生活を、思いつくままに描く。札幌在住、美術家。西田卓司のブログ。


by takuji0808

ネット貧乏・サイバーパンクディストピア・制作

ブログやらFacebookやらなんやらやっていると、あっという間に時間をつぶせる物悲しさよ。

ここ最近は展覧会ごとのアカウントを取り、情報をツイートしたり、スタッフ裏話みたいな形でブログをアップするのがデフォルトになっている気もする。

しかし実生活でもめんどくさいのに、どれだけの労力を割けば効果が上がるんだろうかとおもう。実際、すべて効果的に使用出来ているのは、札幌では数少ない気がする。

となるとやはり個人で持っているアカウントで情報(正式な情報も、裏話も)を拡散させていくのが一番楽で手っ取り早い。

しかし、足を使って展覧会やイベント情報を仕入れなきゃいけなかった時代と、今のイベントに来る人数は何か変動しているのだろうか…という素朴な疑問が。

先輩に情報を聞くか、北海道美術ネットでチェックして、ギャラリー巡りしていた頃に比べると、なまじネット上で画像が見れる分だけ観た気になってしまったりして、足を運ばなくなるなんてこともあるかもなあ。

  ■

そういうことを考えたり、ネットの炎上をみると、今後必要なのはスルーする力なんじゃないかとも思う。
それはクレーマー対処法のような単純な話ではなく、溢れる情報を取捨選択する力とも言いかえられる。

しかしこの取捨選択という名の「無関心」こそ「悪」なのだろうかなんて話もあったりして。
(特に原発問題以降その風潮が強いと感じているのだが。)

溢れる情報もある種の暴力性を持っていて、日常に圧をかけてくる。
それに振り回される自分たちは何なんだろうかと思う。
実際問題スルーしたり、受け流す力がないと、やっていけない現実もあったりして。

そういう不自由さというか、失われた未来のようなものは、サイバーパンクか、情報化社会のユートピア(甲殻機動隊みたいなもの)が微妙にずれて来ている感じで個人的には面白いとはおもう。

  ■

そんなことを考えつつお正月。
忘年会・大掃除・新年会というコンボで制作に手間取る。
理想としていたラインに届かず。というか間に合うのか?

でかい作品もあるのに手をつけれず…

ここ最近はそういう地道な作業を淡々とやっている。
しかもその作業はスピードが上がらないので、もう本当に修行のようだ。

c0211701_1241329.jpg

[PR]
by takuji0808 | 2012-01-06 12:10 | つぶやき