日々の制作と生活を、思いつくままに描く。札幌在住、美術家。西田卓司のブログ。


by takuji0808

お礼と個人的な感想

c0211701_21442081.jpg


まず遅れましたが、お礼申し上げます。

「絵画の場合ー最終章ー」にお越しいただき、あるいはご感想いただき、ありがとうございます。

細かい部分については随時補足して書いていければ良いかと思っていますが、そういうことではなく、全く個人的な感想をいくつか言わせていただきます。

単純に、大学の先輩に囲まれていいんだか悪いんだかよくわからない環境の中での展示でした。
(相対化できる環境とも言えるし、甘えて依存しているような環境とも言える。自立してかなきゃな。)

そして話をいただいたときから、「経験値の違いをどう埋めることができるのか、どう差別化できるか」をずっと考えていたような気がします。そしてその方向を、自分語りの範疇を超えるようなかたちで(きちんとアートの問題・歴史と向き合う形で)舵を切ったことが、功を奏した気がします。もちろん、作品としてまだまだ詰めれるところ、甘いところもあります。しかし同時に、作品の大きさやインパクト、作品の見せ方でかなり力技でやっていくことにしたので、そのあたりのバランスは良かったのかもしれません。

あと制作中ずっと考えていたのは「過剰さ」と「コントラスト」です。
イメージ作りというか、イメージコントロールというか… みたことの無いもの、ビジュアルをどう作るのか、あるいはみたことのあるものをどうコラージュするかということはずっと考えてきました。その強さ、面白さを高めるために、作品の構造・見せ方・空間の作り方をかなり再編しました。持っている材料・方法は変わらないですが、組み合わせ方と研ぎすませ方をしぼった、という感じでしょうか。

まだまだ言語化できないものも多いですが、作品で返答できれば、と思います。

で、5月に500m美術館での展示があり、インスタレーションのみの予定でしたが、壁も頂いたので今回展示した作品、その前に制作した作品、新作も含め展示する予定です。展示場所も変なところですし、インスタレーションと並べたり、また全然違う見え方になるかと思います。 怖いけど楽しみです。

今後ともよろしくお願いいたします。
[PR]
by takuji0808 | 2012-04-15 22:40 | つぶやき