日々の制作と生活を、思いつくままに描く。札幌在住、美術家。西田卓司のブログ。


by takuji0808

「日常の冒険」-日本の若手作家たち-

c0211701_2334974.jpg


「日常の冒険」-日本の若手作家たち-

公共空間における美術の冒険、日常のありふれたもので非日常を創出

現在の日本のアートシーンでは多くの若手作家たちに共通するテーマとして「日常/非日常」があげられます。身近な日用品から美しい光景を創出したり、日常のありふれたものを組み合わせることで美術作品へと昇華するなど、何気ない日常にこそ喜びや美やリアリティがひそんでいるのではないかと作品が静かに訴えかけてくるようです。
おなじように地下鉄の駅と駅をむすぶ公共の通路に存在する「500m美術館」もまた、日常のなかに非日常的なギャラリー空間が現れ、行き交う人々の創造力を強く喚起しています。
錬金術師のごとく日常と非日常をつなぐ、日本の若手作家たちによる「日常の冒険」展は、絵画、彫刻、インスタレーション、映像、写真など各分野で、札幌・日本のアートシーンをになう作家たちの瑞々しい感性を紹介するとともに、日常と非日常のちょうど狭間に位置する500m美術館と共鳴することで様々な感覚を呼びおこしてくれることでしょう。

-----------------------------------------------------------------------------

出品作家
石倉美萌菜、今村育子、今村遼佑、狩野哲郎、進藤冬華、鈴木悠哉、
清治拓真、田中功起、西田卓司、藤倉翼、山本聖子

------------------------------------------------------------------------------

会期:2012年5月12日(土)~7月27日(金)
時間:7:00~22:30(照明点灯時間)
会期中無休
無料でご覧になれます。
※最終日は19時まで

------------------------------------------------------------------------------

「日常の冒険展」関連企画  

ギャラリーツアー

日常の冒険展に出品している作家が自作の前で作品解説を行います。
3名の道外作家(今村遼佑、狩野哲郎、山本聖子)につきましては、作家本人から直接、
作品解説を聞くまたとない機会ですので、皆様是非お越しください。
16時に地下鉄バスセンター前駅側 (11番の清治拓真作品前)からスタートし、
トータル1時間30分程度を予定しています。

日時:2012年5月12日(土) 16:00~17:30(予定)
会場:500m美術館 各作品前
観覧:無料

------------------------------------------------------------------------------

展覧会について

「日常」というヴェールを一枚めくってみたら、そこにはどんな光景が広がっているでしょう。自由な夢想?それとも空虚な現実?しかしそれもまた「日常」の別の姿なのです。何層にも重なったこの「日常」の厚みの中に私たちは生きています。さあその間(あわい)をめぐる冒険に出かけましょう。道案内をしてくれるのは、絵画、彫刻、インスタレーション、映像、写真などさまざまな分野で札幌と日本と、そして世界のアートシーンの将来を担う若手作家たちです。地下コンコースという日常の中にギャラリーという新しい日常を作り出した500m美術館ならではの企画展。どんな発見があるか、ワクワク・ドキドキです。

500m美術館企画委員会委員長 北村清彦

------------------------------------------------------------------------------

いやあ、なんでしょうね。このメンバーに自分がいることに不安しかないですが、ベストを超えるしかないでしょう。いつだってプレッシャーを抱えて、淡々とやることが理想だなあ。
[PR]
by takuji0808 | 2012-05-04 23:23 | 告知