日々の制作と生活を、思いつくままに描く。札幌在住、美術家。西田卓司のブログ。


by takuji0808

カテゴリ:未分類( 10 )

木製パネル制作手順

支持体(木製パネル)の作り方

<材料・準備>
・懐や作品の大きさに応じて、木材を購入。
・節や曲がりが少ないものを選ぶこと。
・大きなホームセンターの方が種類が豊富だし、回転も良いので木材の質がいい。

・その際、ベニヤは作品のサイズにカットしてもらう。
 ※ちなみにラワンベニヤはヤニが出やすいので、下塗りが必須。

<必要な道具>
・卓上丸ノコ(45度カットに使用)
・Cクランプ、Fクランプ
・木工ボンド
・いらない布、あるいはキッチンペーパー
・固定用の垂木
・紙ヤスリ
・ガンタッカー など

<切断・接着>
1、 長い辺の方の木をベニヤ板に合わせて、45度にカットし、木工ボンドで接着。
c0211701_10564325.jpg
 
c0211701_10579100.jpg
   
なるべくピッタリに。
c0211701_10572757.jpg

※ 接着はクランプと、押さえる用の木材(垂木など)を使って固定する。
※ 側面からボンドがはみ出したら濡らした布などで拭く。
c0211701_10581710.jpg

両方固定して、こんな感じに。これでしばし乾燥させる。

2、 短い方の間隔に合わせて、木材を45度にカットし、接着。
c0211701_10583828.jpg

ちょっと長めにカットして、徐々に短くすると失敗が少ない。
c0211701_10591164.jpg

   ※ 多少の隙間はボンドを埋め込むように擦り付けて固定する。
     タイトボンドオリジナルなどの乾燥後硬質になるものなどがやりやすい。
   ※ 角の斜めの部分にガンタッカーを2本ほど打ち込めば楽に固定できる。
c0211701_10593313.jpg

小さいサイズならば、これで完成。大きい作品の場合は中木をいれる。
ボンドの種類によるが、少なくとも2時間くらいは乾燥させる。

長さや角度を間違えないようにすれば、この方法が一番ズレが少なく、
その後の側面の研磨作業が楽になると思います。

3、 ボンドが乾燥したら中木を測り、90度にカットし接着。
   ※ 中木が必要なのは、ベニヤ板の反りと、支持体のゆがみを防ぐため。
   ※ 長い木材で支持体をFクランプで挟み固定すれば綺麗に接着出来る。
      あるいは深顎のCクランプなどがあればいい。

<研磨>
1、  乾燥後、パネルの側面を研磨し、まっすぐにする。
2、 傷や節がある場合、パテなどで埋めて、乾燥後、再度研磨する。

<下塗り>
木屑、粉を拭き取り、シーラーなどのプライマー(下塗り剤)を塗る。
その後は作品に合わせジェッソなど適した下地作りをします。

<大きな作品の場合>
3×6板(1820×910)以上のサイズの場合、一番難しいのは板と板の隙間部分です。
その部分から反り返ったり、隙間が出来たりしてしまいます。
これは本当に難しく、未だに完璧なものは出来たことがありません。
そのうち大きな作品を作った際にそれはアップしようとおもいます。

(学生の頃は、100号などの変に小さなサイズでやるとベニヤ板が無駄になるので、いっそのこと180センチ平方なんかを作って提出したりしていました)

細かい部分は伝えきれてないとは思いますが、俺はだいたいこんな感じで制作しています。参考になれば幸いです。もっとこうした方がうまくいく、とか裏技のようなものがあれば教えてください。では
[PR]
by takuji0808 | 2012-07-24 15:19
森本めぐみ 個展「布団山/Hollow mountains」
salon cojica

森本さんの作品は、観ていてどこか消化しきれない部分があって、
そういう混沌としているのはなんでなんだろう、とずっと思っていた。

今回は特に小作品を「ジオラマ絵画日記」のように展示しており、その傾向が強かったと思う。

面白いのは、小作品にこそ、たくさんの要素が詰め込まれているということだ。視点の構造が複雑だったり、様々に見立て感情移入したモチーフが入っていたりする。インスタレーションなどの他の作品や大きい作品はもっとシンプルでわかりやすい。

森本さんの作品を構成する要素、興味のベクトルはたくさんある(ありすぎるくらい)なのだが、根本的にあるのは「思い入れできる」才能だなあ、と思う。言葉や、日常の物事、絵の具、他人に対しての愛着・信じている感じ。


鈴木悠哉 個展 ”庭と、その半分。せかい、その他。”
CAI02

線と強さと、日常に潜むささやかな不思議さを再構築したような展示。

実は毒々しい部分(アイロニー・シニカル・批評性)もあるはずなのに、すべてドローイング(的な概念)に収束していく。 それはオシャレさで隠している、とかではなく世代特有の距離感だと思う。そういう距離を保ちつつ強い表現になることは、本当に難しいのにそれができているので、うおおっとなる。


そんなこんなで刺激をもらいつつ、制作に戻る。
しかし、ちまちまとしか進まないし、丸ひとつ綺麗に描けない自分はなんて駄目なんだ、とヘコんだり。

問題は他者ではなく、自分あるのだから、手を動かす以外の解決策はないんだ。
(現実逃避おしまい)

c0211701_16542540.jpg

[PR]
by takuji0808 | 2012-01-20 00:37

展覧会の感想とMac尽くし

●展覧会

ここ最近やっと観に行けるようになった。
物理的な忙しさというより、心が動かない感じだった。

・「スイーツ・アート」/プラニスホール
  ~8月7日(日)

・「Utopia MoMo-Iro3」/ART BOX
  ~2011年8月31日(水)

・「Plus1 Condensation」/コンチネンタルギャラリー
  ~8月7日(日)

・「七月展」/市民ギャラリー
  ~7月31日(日)

気になったのは川上りえさんの骨太な造形や、
武田さんのハイクオリティ&ロマンティシズムのバランスの良さ。

なんだかんだで、グループ展で穴を埋めるような、人にあわせるような器用さよりも、
不器用ながらも作家としての筋をしっかり通している人の作品がみていて気持ちいい。


●あとは、ついに携帯(Nokia N82)という激渋い機種を変更。
落としたら、画面に少し線が入っちゃって…

i-PhoneとMacBook Pro (13インチ: 2.7 GHz)、E-Mobile契約を
一気にしてしまう。すげー動かしやすい。

いじってるだけで楽しい!
[PR]
by takuji0808 | 2011-07-28 14:12

〆夕イヒ

メタ化とは何かをまとめようかな、と思い書きます。

●メタとは何か。
意味が複雑かつ広いので、すこし整理しときます。

一般的にメタ○○といわれるものは「超」「高次の」という意味です。
ギリシャ語語源で接頭語となります。(ex、dis、preなどと同じ使い方ですね。)

より包括的な、背後の、といった意味もあります。


●広義のメタとは。

何かを取り込んだ何か、何かについての何か、という意味です。
その過程や結果として客観化され、自己言及的であることが特徴ともいえるでしょう。

日記(メモ)を書いて、後にそれを読み返したりして
自己言及するのもメタ化です。


●狭義のメタとは。

ある対象を記述したものがあり、さらにそれを対象として記述するもの。

小説の中の小説(メタ物語)、漫画の中の漫画(メタ漫画)、
理論を解釈するための理論(メタ理論)、自己の認知を認知すること(メタ認知)
などの2重構造(入れ子構造)となっているもの。


●その意味を踏まえ、ざっくりまとめると「メタ」には以下のような種類があります。

①新たなものを作り出す高次なもの

メタ言語など、直接に情報を記述するのではなく、
情報などを記述する言語を作るために開発され、使われるもの。

プログラミングをしやすくするために共通の新しいプログラム(≒言語)を
新しくつくるのをイメージしてもらえればいいかな。


②情報の意味を記述したもの

タグなど、メタデータ(二次的情報)により膨大な情報の中から
知りたい情報を効率よく探し出すためのもの。

ニコニコ動画のタグをイメージすればわかりやすい。


③相対的な上下関係(階層関係)を示したもの

<※これはちょっと難しいんだよね。言葉にするの・・・>

相対的にみると「メタ化する構造」ということ自体がメタ化して、メタメタメタ・・・と
無限に続いていくことが可能になる。<ほらもう難しいでしょ>

そして自己言及は循環するので、さらに高次元の階層からしか
そこが正しいかどうかを判断できなく、そうでないとパラドックスが発生してしまう。
<ね、どんどん難しいでしょ>

メタ化=高次化なら、その階層、高次か低次かの
構造自体が相対化されていくということです。
<ね、よくわからないでしょ?>


④自分自身に関して考え・意見を述べること

思考や知識において、メタ認知など自己言及的な過程のこと。
メタ化された情報や思考、知識を用い新たなアイデアを作ることができる。

※メタ認知の例:
メモや日記(一時的な知識)
 →時間を置きチェック作業、新たな視点の追加
  →更に時間をおいて整理、結合、抽象化する


●結局メタ化ってなに?

言語学、フィクション(小説、虚構)、Webなどのコンテンツ、
アート、映画、文学などさまざまなものにはそれを成立させるための
前提や定義、体系、構造があるわけです。

メタ化とはそのような中で、「枠組み」自体を思考の対象とし、
新たな提案をすることによって、いちばん外側の「枠組み」を相対化(客観化)
すること
が目的だと解釈します。

メタ化はいくつも重なり、作品の構造は多重化していく。
クリエーターがやっているのは、パロディのパロディのリミックスなのだ、
ということを認知することが大事な気がする。
(もちろん全ての作品がメタ化する必要もない。)


例えば
主人公は設定としてメタキャラクターであり、小説家であり、物語のなかに物語
があり、最後は夢オチで、それがアニメ化され、ニコニコ動画でMADになるとして―

そこで行われているのは作品のメタ化の無限ループです。
文化の文脈を辿れば、さらに何重にもメタ化が可能だ。

抽象化には単純な「過去の作品の影響」や「ネタ的なパロディ」も含まれるので、
判断は難しいことも考慮しなくてはいけない。

アートもそれを表面上にださなくとも、メタファー(隠喩)として、
自虐的に表現せざるを得ない。

またどこまでメタ化した構造を視覚化(認知)できるかは
ジャンルにより限界があるだろう。

<話しは変わるが、自分の過去の作品に「超アート」と描いた絵があった。
 当時無邪気な感覚で描いたとしても、その偶然は面白い。>

●メタ化には大きく2つの役割がある。

・疑似的な構造を可視化し二重構造にすることで、
 鑑賞者にその構造を意識させること。

・新たに疑似的な構造(ルールや仕組み)を提案することで
外側の構造(ルールや仕組み)に揺さぶりをかけること。


作品は、構造を解体した後、様々なメタ化された文脈を研ぎ澄まし(抽象化し)
、それら構造のパーツ(ストーリーやキャラクターなど)が進化を遂げ、過剰か
つ絶妙なバランス成り立っていく。

自分個人の制作に関しては、構造に対してアプローチすることを繰り返し、西洋
美術のパロディのパロディと、ステレオタイプな個人的リアリティを自虐的に、
それでもやるしかない衝動をパワー源にして、圧を加えていけば、何が起こるの
かを見てみたいのかもしれない。

とりあえずおしまい。

c0211701_9401540.jpg

(あれ山本さんの絵みたいな画像になっちゃった。)
[PR]
by takuji0808 | 2010-08-09 09:44

だじゃれ 「中傷画」

中傷画
批判や悪口をモチーフにした絵画作品、ジャンルのこと。
社会に対する批判、警笛を目的とするが、個人的な嫌がらせの場合もある。
[PR]
by takuji0808 | 2009-11-16 12:57

夜の力はあるのか?

クリエーターで、徹夜での制作や、夜型の生活をしているひとは多いだろう。

まあ単純に雑務や仕事で、夜まで「やらなくてはいけないこと」が持ち越されて
しかたなくしてしまうこともあるだろう。

しかしそれ以上に「夜の力」を信じている場合が多いと思う。

まあ力の出し方は人それぞれだから、
ケチをつけるわけではないが、
自分は夜は全然ダメなタイプである。


夜は寝る。
日があるうちに作業をすすめたい。


健全な精神が健全な作品を作るわけではないが、
よっぽど健康的だし、性にあっている。

徹夜するほど自分を追い込んでいないのか?と思ったこともあるが、
締め切りギリギリの時も変わりは無かったので、そーなんだろう。

自分に酔ってしまうのが怖いし、
時間管理能力も試されているかんじがする。
[PR]
by takuji0808 | 2009-10-09 10:10

ウォーホル 01

はじめてアンディ・ウォーホルの作品をみたのはいつだろうか。
中学校の美術の教科書か、あるいはそれ以前に記憶に刷り込まれているのか。

無性にウォーホルの作品を見たくなる時がある。
別に、それらの作品から何かを確認したい訳でも、感動したいわけでもない。

ただ見たくなるのだ。

そのときウォーホルはどこまでもウォーホルでしか無い。

自分にとって、ウォーホルの作品は鏡だ。作品ではなく、自分をみている。

その鏡は、スルリと自分の現実に現れ、時々きらめく。

誰もが、そんな鏡をもっている気がする。
[PR]
by takuji0808 | 2009-10-03 11:03

記録の準備

平面作品を記録する準備をしている。

120号大なので、かなり大変です。
また、今回からちゃんと一眼デジカメで、
照明も使うので、まだ準備が終わりません。

ビッグカメラに電球型蛍光灯、レンズカバーなんかを買いにいかなきゃな。
[PR]
by takuji0808 | 2009-10-02 10:40

搬出と健康

展覧会の搬出を終えて。

作品の大きさ、展示空間、展示方法、展示画像、経歴、出会いなどなど

経験値を上げるのには非常に面白い展覧会でした。

反省としては、直前にグループ展があり、
そのあたりを考慮に入れないで自分のキャパを超えてしまった感があり、
もうちょっと準備に時間をかけたかったかなーという感じ。

今後も岩見沢でやれるかと言えば、まだわからない。


大木さん、門脇さんなどのゲスト、レジデンスの招待作家であれば、
自身の拠点や居場所などと比較したり、いい距離感で活動できるだろうけれど

今の自分の立ち位置、つまり新人作家、作家見習の立場で
岩見沢で作品を発表すると、どうしても作品を持ち込む形になるし
岩見沢での活動の必然性を、自分で作り出していかなくてはいけない。

可能性もたくさん感じるが、それはそれとして
それ以外にも、もう一歩進んでいかなくてはいけないと強く感じた。

バランス良く同時進行がいいんだろうな、きっと。

はやいとこアトリエ片付けないとなー。


今回の大反省。

搬出時に腰を痛めた。
無理できない歳なのか?
最近デスクワークばっかりだったからなー。

身体は基本です、皆さんも気をつけて。
[PR]
by takuji0808 | 2009-09-30 16:44

ブログ始めました。

制作や、おもうことをつづり、

すこしでも、自分の中の言葉を構築して

良い作品をつくること、いい人間になることを目標とします。

よろしくおねがいします。
[PR]
by takuji0808 | 2009-09-27 19:18