日々の制作と生活を、思いつくままに描く。札幌在住、美術家。西田卓司のブログ。


by takuji0808

カテゴリ:告知( 8 )

小品で商品の作品だします。

今まで作っていた平面の流れとはまた違う流れでの水彩のような不思議な平面作品です。
実験的な部分もあり、売れねーだろうなーとか半分あきらめています。(オイ)

作品自体は可愛いというか、なんというか… な感じです。
詳しく知りたいって? じゃあ見に来てくださいね!(誘い方下手)

あと、CAI02のraum01(広い方)の壁面も白い壁になるそうで、そのお披露目ということもあるでしょう。

よろしくお願いします!

以下CAI02 のHPからコピペ。

c0211701_083335.jpg

「自分のためにアートを買いたい -U50,000- 展2013」

■会期 2013年6月8日(土) ~ 6月22日(土)
 ※6月22日、28日はトークイベントの為、17:00以降 raum1の展示を観る事が出来ません。ご了承ください。
■会場 CAI02 札幌市中央区大通西5丁目昭和ビルB2(地下鉄大通駅1番出口)
■オープニングパーティー 6月8日(土)19:00~
■主催:CAI現代芸術研究所

今回で5回目となる「自分のためにアートを買いたい-U 50,000-」アートと暮らすための展覧会。
アートをもっと身近に感じてください。好きなアートと出会い、一緒に暮らす。
〝アートを買うこと〟は、実はとてもシンプルなこと。
あなたの毎日にアートが溶け込んで、あなたを楽しませること。あなたに力をあたえること。
こころを潤すことを願って、全ての作品が1点5万円以下。
好きなスニーカーを買うように、アートを買いに来てください。
好きな作品に出会ったら、決心してください。今日からアートと暮らすことを。


■参加アーティスト
阿地 信美智/伊藤隆介/石倉 美萌菜/磯崎道佳/伊藤明彦/今村育子/大泉力也/岡部昌生/大黒淳一/風間天心/風間雄飛/樫見 菜々子/上遠野 敏/川上りえ/蒲原みどり/菊地和広/吉川貫一a.k.a.祭太郎/小島歌織/小林麻美/斉藤幹男/酒井広司/佐藤史恵 /澁谷俊彦/下沢敏也/進藤冬華/杉田光江/鈴木涼子/鈴木悠哉/仙庭宣之/高橋 喜代史/高橋俊司/武田浩志/谷口明志/田村 佳津子/田村陽子/ダムダンライ/千葉 加菜子/土田俊介/中橋 修/西田卓司/端 聡/久野志乃/FUJI SHOTARO/藤木正則/藤倉 翼/藤沢レオ/藤本和彦/山本雄基/吉井 見知子/渡辺行夫 (敬称略)
[PR]
by takuji0808 | 2013-06-06 00:31 | 告知
お久しぶりです。展示の準備プラス仕事でバタバタしていました。
会う人会う人に「やせた」「アゴがシャープになった」と言われていますが、実際自分では分からないので何とも言えません。ああいう時ってどう切り返せば良いんでしょうか?そんなことはどうでも良いんですが告知です。

公募開始から4年目でやっと展示できます。

簡単にいうと「プラスチック製品を積み上げていくポップなインスタレーション」です。
作品の詳しい内容や、コンセプトなどは折りをみて書きますが、ARTBOXという空間、環境に対して自分なりの答えを出せたらと思います。

________________________________

JRタワーARTBOX「 カラフルから降るカラー」

c0211701_23591730.jpg

■会期/2013年6月1日(土)~ 2013年8月31日(土)8:00~22:00
   (※最終日は20:00まで)
■場所/JR札幌駅東コンコース・JRタワーARTBOX
■お問合せ/JRタワー文化事業室 011-209-5075(平日)

色彩のコントラストは日常の差異であり、世界に対する違和感でもあり境界線そのものです。
それは軽やかな色彩だけが積み重なっていく表面にだけ存在します。
そしてカラフルな身の回りの日常を再構築することで、自分自身のリアリティが現れます。
色鮮やかに日常を彩りもしますが、同時に暴力的で、それでいて不健全な脆さがあります。
そんなある種の「危うさ」が、人びとが行き交う札幌駅の中に出現するはずです。



■西田卓司(にしたたくじ)略歴 
1983年 北海道札幌市生まれ

2007年 北海道教育大学札幌校芸術文化課程美術コース油彩専攻卒業

2009年 北海道教育大学大学院教育学研究科教科教育専攻美術教育専修西洋画研究修了

2010年 「ワーキング フロー」テンポラリースペース(札幌)
2010年 岩見沢アートプロジェクト「ZAWORLD II」岩見沢市内各所(岩見沢)

2011年 「Asian Art Way in Shanghai 2011」半島1919日本文化村(上海、中国)
2012年 「日常の冒険 -日本の若手作家たち-」 札幌大通地下ギャラリー500m美術館(札幌)

2013年 JRタワーARTBOX一般公募・優秀賞受賞

[PR]
by takuji0808 | 2013-05-31 00:27 | 告知
c0211701_2274720.jpg


個展告知です。
新作と、過去の(ほぼ)未発表作品とその再構成をした平面作品を発表します。
作品の販売もします。
定休日が多少変則的ですので、お気をつけ下さい。
コーヒーも美味しいカフェですので、ぜひお越し下さい。
また9月13日にはトークもあるので、それもぜひ!

<追記>

会期は9月1日(土)〜21日(金) の予定でしたが、好評につき9月28日(金)まで延長します!
なお日曜日と水曜日は定休日ですのでお間違いの無いように!


―――――――――――――――――――――――――――――――――――

西田卓司 個展 「ワーキング・ループ」

会期: 9月1日(土)~28日(金)
定休日: 日曜日、水曜日
営業時間: 12:00~20:00
場所: CAFE らてるね (TEL:011-206-9725)
住所: 札幌市中央区北3条東5丁目岩佐ビル1F


西田卓司×伊藤隆介トークショー「アートは仕事になるのか?」
■9月13日(木) 19:00~20:30
<無料・申込み不要>

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
西田卓司 Takuji Nishita
[Profile]
1983年 北海道札幌市出身
2007年 北海道教育大学札幌校芸術文化課程美術コース油彩専攻卒業

2009年 北海道教育大学大学院教育学研究科教科教育専攻美術教育専修西洋画研究修了



■主な個展
2008年 SPIRAL「Imagined Pop Scenery」PRAHA2+deep sapporo(札幌)

SPIRAL「Image of pop」iwamizawa90°(岩見沢)


2009年 「ワーキング フロー」武部建設株式会社結ホール(岩見沢)


2010年 「ワーキング フロー」テンポラリースペース(札幌)


■主なグループ展
2008年 「Point of Color」CAI02(札幌)

2010年 岩見沢アートプロジェクト「ZAWORLD II」岩見沢市内各所(岩見沢)

2011年 「Asian Art Way in Shanghai 2011」半島1919日本文化村(上海、中国)
2012年「日常の冒険 -日本の若手作家たち-」 札幌大通地下ギャラリー500m美術館(札幌)

ほか

[PR]
by takuji0808 | 2012-08-17 22:41 | 告知
c0211701_2334974.jpg


「日常の冒険」-日本の若手作家たち-

公共空間における美術の冒険、日常のありふれたもので非日常を創出

現在の日本のアートシーンでは多くの若手作家たちに共通するテーマとして「日常/非日常」があげられます。身近な日用品から美しい光景を創出したり、日常のありふれたものを組み合わせることで美術作品へと昇華するなど、何気ない日常にこそ喜びや美やリアリティがひそんでいるのではないかと作品が静かに訴えかけてくるようです。
おなじように地下鉄の駅と駅をむすぶ公共の通路に存在する「500m美術館」もまた、日常のなかに非日常的なギャラリー空間が現れ、行き交う人々の創造力を強く喚起しています。
錬金術師のごとく日常と非日常をつなぐ、日本の若手作家たちによる「日常の冒険」展は、絵画、彫刻、インスタレーション、映像、写真など各分野で、札幌・日本のアートシーンをになう作家たちの瑞々しい感性を紹介するとともに、日常と非日常のちょうど狭間に位置する500m美術館と共鳴することで様々な感覚を呼びおこしてくれることでしょう。

-----------------------------------------------------------------------------

出品作家
石倉美萌菜、今村育子、今村遼佑、狩野哲郎、進藤冬華、鈴木悠哉、
清治拓真、田中功起、西田卓司、藤倉翼、山本聖子

------------------------------------------------------------------------------

会期:2012年5月12日(土)~7月27日(金)
時間:7:00~22:30(照明点灯時間)
会期中無休
無料でご覧になれます。
※最終日は19時まで

------------------------------------------------------------------------------

「日常の冒険展」関連企画  

ギャラリーツアー

日常の冒険展に出品している作家が自作の前で作品解説を行います。
3名の道外作家(今村遼佑、狩野哲郎、山本聖子)につきましては、作家本人から直接、
作品解説を聞くまたとない機会ですので、皆様是非お越しください。
16時に地下鉄バスセンター前駅側 (11番の清治拓真作品前)からスタートし、
トータル1時間30分程度を予定しています。

日時:2012年5月12日(土) 16:00~17:30(予定)
会場:500m美術館 各作品前
観覧:無料

------------------------------------------------------------------------------

展覧会について

「日常」というヴェールを一枚めくってみたら、そこにはどんな光景が広がっているでしょう。自由な夢想?それとも空虚な現実?しかしそれもまた「日常」の別の姿なのです。何層にも重なったこの「日常」の厚みの中に私たちは生きています。さあその間(あわい)をめぐる冒険に出かけましょう。道案内をしてくれるのは、絵画、彫刻、インスタレーション、映像、写真などさまざまな分野で札幌と日本と、そして世界のアートシーンの将来を担う若手作家たちです。地下コンコースという日常の中にギャラリーという新しい日常を作り出した500m美術館ならではの企画展。どんな発見があるか、ワクワク・ドキドキです。

500m美術館企画委員会委員長 北村清彦

------------------------------------------------------------------------------

いやあ、なんでしょうね。このメンバーに自分がいることに不安しかないですが、ベストを超えるしかないでしょう。いつだってプレッシャーを抱えて、淡々とやることが理想だなあ。
[PR]
by takuji0808 | 2012-05-04 23:23 | 告知
c0211701_12524962.jpg

       *武田さんデザイン!

「絵画の場合 2012 ―最終章―」

日程: 2012年3月14日~2012年4月1日
時間: 11:00~19:00(最終日は17:00まで)
場所: 北翔大学北方圏学術情報センター PORTO ポルトギャラリーA・B
住所: 札幌市中央区南1条西22丁目1番1号
    ※一般来場者用の駐車場はありません。公共の交通機関でお越しください。
主催: 絵画の場合実行委員会
お問合せ: E-mai: lthayashi(アットマーク)hokusho-u.ac.jp

参加作家・協力:

 大井敏恭 笠見康大 小林麻美 澁谷俊彦 武田浩志 谷口明志
 塚崎美歩 末次弘明 西田卓司 林亨 山本雄基 梁井朗

■林道郎氏 講演会
 3月17日(土) 午後2時~

■オープニングパーティ
 3月17日(土) 午後5時~

■アーティストトーク
 3月20日(火・祝) 午後1時~

絵画の新しい展開を模索する作家の紹介とアートの普及活動を主目的とする、この企画は絵画と社会の関係を問い直すプロジェクト群から成り立っている。絵画の受容のあり方を広げながら、コミュニケーションメディアとしての会がの可能性を探る。つまり「絵画の場合」は単なる作品の発表会ではなく、絵画について考えるための「場」あるいは「運動体」であることを志向する展覧会。そのために、議論とイベントという二つの試みをします。

「絵画は二度死ぬ、あるいは死なない」の著者でもあり、美術批評家の林道郎氏の講演会、同日にはオープニングパーティがあります。また3月20日春分の日には参加作家によるギャラリートークがあります。(北海道では、かなりレアな絵画の話が聞けると思います。)

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

メンバーのなかでは自分が年齢的には一番下っ端であり、逆に失うものもないので、体当たりで挑もうと決め、ここ数カ月このためにでかい作品を2枚制作しており、現在もまだ終わっておりません。(汗)

作品のコンセプトは変わらずですが、作風・ぱっと観た目かなり変化した作品になっているとおもいます。
自分は約半年前から制作している作品ですので、もはや客観視できない普通のことになっており、それが鑑賞者にどのように見られるのかが気になって仕方ありません。また震災以降、色々悩みながら、自分なりに出した作品の答えの一つとなっている気がします。(テーマが震災というわけではありません。)

感想意見どしどし待っています。

ご多忙な時期だとは思いますが、諸姉諸兄の暖かなご高覧をお待ち申し上げます。
[PR]
by takuji0808 | 2012-02-24 12:50 | 告知
告知です

作品を出品する訳ではないですが、ご飯をつくるので
お時間のある人はぜひ!

ワンコイン500円で食い放題でボリューミーな
感じにしようかと思っています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

<セカンドライン>展

現代アートのイメージといえば「よくわからない」「難しそう」「高いんじゃない?」とよく耳にします。

札幌にも作品を制作・発表している作家がたくさんいて、ここ数年は新しいギャラリーがいくつもできました。
それでも<作品を購入する>という行為までは、まだまだ敷居が高いように思われがちです。

そこで、個々の作家が普段制作している絵画やインスタレーションといったメインコンテンツとは異なる、気軽に手に取りやすい、もう一つの作品=<セカンドライン>を発表、販売、提供する場として展覧会を企画いたしました。

Tシャツやzine、お菓子やごはんなど、ギャラリーに足を運んだことの無い方でも気兼ねなく購入できるような作品を販売します。
また、この展覧会を通して作家自身も新しい手法を実験していく為、今までの制作活動=<メイン>にフィードバックできることと期待しています。


■参加作家/出展内容

高橋喜代史(Tシャツ)
鈴木悠哉(Tシャツ、zine)
石倉美萌菜(ライブペインティングTシャツ)
太田博子(ビニ本、オリジナル官能小説)
××ラビリンス(フォーチュンクッキー)
川上大雅(行列の出来るアート相談所)
祭太郎(タオル、缶バッジ)
西田卓司(ごはん)

小坂祐美子(宝の持ち腐れ品放出)

レ・フオン(fromベトナム/JENESYS招聘作家)

カフェ協力:佐々木恒平(saloncojica cafe)

その他、イベントや作家についても調整中です。
随時twitterやブログにて最新情報を配信しております。
twitterハッシュタグ「#セカンドライン」より検索が出来ます。


日時:8月28日(日)15:00~23:00
会場:salon cojica
住所:札幌市中央区北3条東2丁目中西ビル1F
ブログ:http://saloncojica.jugem.jp/
お問い合わせ先:salon.cojica@gmail.com (担当:小坂)

c0211701_16421298.jpg

[PR]
by takuji0808 | 2011-08-26 16:42 | 告知
「福岡・韓国研修 成果展 Vol.02」
~from Iwamizawa to fukuoka and Korea~
c0211701_16394897.jpg


会期 2011年7月9日(土)~23日(土) 日曜祝日休館
   ※会期延長しました!
時間 13:00~23:00
会場 CAI02 raum2+raum3
   札幌市中央区大通西5丁目昭和ビルB2
   地下鉄大通駅 1番出口直結(Tel.011-802-6438)
   google map: http://bit.ly/bkBFOd   http://www.cai-net.jp/

北海道教育大学芸術課程美術コースは、「芸術プロジェクト」として
2010年11月2日から7日の6日間、福岡市と韓国(釜山市、慶州市、光州市)にて、
学生・教員・関係者による研修を行いました。
福岡、韓国の博物館や遺跡から日本と韓国(アジア)の歴史や文化を学び、
光州・釜山のビエンナーレでは、現代アートの最先端で活躍するアーティストの
作品を見る事ができました。それらの経験から抽出した作品の展示を行います。

またこの展示は2011年2月14日(月)から2月23日までの10日間、JR岩見沢駅内にある
北海道教育大学岩見沢校BOX、通称「i-BOX」で行われた「福岡・韓国研修 成果展」
の第2弾となり、更に新作も加え、ボリュームアップした内容となっております。

視点や感性、様々な表現の違いを、是非、ご高覧ください。

<出品者>
井上 愛美 上ヶ島 真由 吉田 成美 久保田 寛子 沼倉 菜々子 湯淺 大氣
安田 せひろ 久保 亜紀子 大内 里絵子 南 俊輔 森本 めぐみ 太田 博子
小坂 祐美子 西田 卓司 伊藤 隆介 阿部 吉伸 山本 勇一


お問い合わせ:0126-35-1400
E-mail:iwa-i-box アットマーク j.hokkyodai.ac.jp
<企画・協力>北海道教育大学芸術課程美術コース(映像、木材工芸研究室)・i-BOX

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

はい、というわけで告知です。
教員採用試験とかぶったりしながら
これの準備をしていました。

Y先生も新作を出す!といっておりましたし、自分も…
と思っていましたがなんだかいつの間にか時間が無くなって…(えー)

はっはっはっは(壊)

大きいのが厳しい分だけ作品のストックがないというのが厳しい。
[PR]
by takuji0808 | 2011-07-04 16:45 | 告知
自分のためにアートを買いたい-U 50,000- 2010

会期 2010年4月17日(土)~4月28日(水)日曜・祝日休館
時間 13:00~23:00
※4月24日(土)raum1は、演奏会の為17時までとなっております。ご了承ください。
会場 CAI02 raum1/2/3 札幌市中央区大通西5丁目昭和ビルB2 TEL.011-802-6438
オープニングパーティー 4月17日(土)19:30~
主催 CAI現代芸術研究所

c0211701_10221688.jpg


アートと暮らすための展覧会。
感性を研ぎ澄まさせて、出会ってください。好きなアートと出会い、一緒に暮らす。
“アートを買うこと”は、実はとてもシンプルなこと。
あなたの日常にもっとアートが溶け込んで、あなたに力を与えること、こころを潤すことを願って、全ての作品が1点5万円以下。好きなスニーカーを買うように、アートを買いに来てください。
好きな作品に出会ったら、決心してください。今日からアートと暮らすこと。


出品作家 (敬称略)
浅野 美英子/石川 亨信/伊藤 隆介/伊藤 明彦/石倉 美萌菜/大井 恵子/織笠 晃彦/奥山 三彩/岡崎 真哉/大島 慶太郎/樫見 菜々子/上遠野 敏/笠見 康大/風間 真悟/川上 りえ/川上 大雅/蒲原 みどり/木野 哲也/君島 信博/菊地 和広/國松 明日香/国松 希根太/黒田 晃弘/合田 尚美/小牧 寿里/小坂 祐美子/佐藤 史恵/齋藤 周/篠原 泰子/酒井 広司/澤口 紗智子/澁谷 俊彦/鈴木 悠哉/kensyo/鈴木 朝美/杉田 光江/仙庭 宣之/高 幹雄/高橋 喜代史/高橋 俊司/武田 浩志/田村 陽子/田中 由美子/田村 佳津子/ダム・ダン・ライ/谷口 明志/土田 俊介/寓 A.K.A TETSUSHI TOMITA/楢原 武正/西田 卓司/中橋 修/はなこ/久野 志乃/平塚 智恵美/平塚 翔太朗/藤沢 レオ/藤本 和彦/船橋 渚美子/本間 康恵/祭太郎/松隈 無憂樹/矢崎 勝美/山岸 せいじ/山本 雄基/ぴたぱん

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
45平方cmサイズの絵を出品します。
ご高覧のほど、よろしくお願いいたします。
[PR]
by takuji0808 | 2010-04-11 10:24 | 告知