日々の制作と生活を、思いつくままに描く。札幌在住、美術家。西田卓司のブログ。


by takuji0808

<   2010年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

制作 09/28-29

制作

ホーマックで材料購入。
またでかい支持体制作。

追加で粉よけの不織布、固定用の木材も購入。

でかいの作らなきゃいけない症候群?
何を描くかな。

インプットもしなきゃ!ということで
テンポラリースペースと、コジカに行って
作品を見て、はわわわわわわわ、となって
喉元に突きつけられる「アーティスト」の覚悟に息が切れる感じ。

がんばんなきゃ!がんばんなきゃ!と思う。
こんちくしょー、と思う。

さ、新しい作品だ。次だ。

勝ち負けではないけど、負けた気持ちだ。
やる気注入だ。

c0211701_1316228.jpg

[PR]
by takuji0808 | 2010-09-29 22:15 | 制作
展示画像

ZaworldⅡ「RE WALL」

c0211701_15155279.jpg


岩見沢アートプロジェクト「ZaworldII」
 「RE WALL」


 植物をモチーフにして、マチとカベの「再生」をテーマに2年ぶりに
 iwamizawa90°の外壁を塗りなおすプロジェクト。


 iwamizawa90° 外壁
 (岩見沢市3条西5丁目) 
[PR]
by takuji0808 | 2010-09-27 18:33 | 展示画像

「ワーキングフロー」

展示画像

<1階>「失われたタブロー」シリーズ

c0211701_1563279.jpg



<2階>「中身がなくともイメージがあればいい」インスタレーション

c0211701_1564689.jpg


c0211701_1565865.jpg


西田卓司 個展「ワーキングフロー」
 2010年8月24日(火)~9月12日(日)
 テンポラリースペース
 (札幌市北区16条西5丁目1-8斜め通り西向き)
[PR]
by takuji0808 | 2010-09-27 18:27 | 展示画像

Mr.YY個展・感想

大学の先輩山本雄基さんの個展の感想。

近しい関係過ぎるので逆にずけずけと書いてみようと思い立つ。

表面に対するフェチズムや、制作方法(自分のなかのルール設定)が、
まったくぶれないので、色や大きさや木製パネルの厚みを変えても
「山本雄基絵画」のバリエーションとして楽しんで観賞することができた。

(しかし鑑賞したところ、絵って難しいなあーというありきたりの
 感想しかでないのが正直なところなんだけど。
 ってもう言い訳を書き始めている・・・笑)

moreに続く↓
c0211701_1259758.jpg


More
[PR]
by takuji0808 | 2010-09-24 18:13 | 展覧会感想

近況 09/24

岩見沢アートプロジェクト「ZAWORLD2」の壁画制作も何とか終わり、
なんだかまたよくわからないイメージが出来上がって悶々としている昨今。

前回はオープニングパーティーの時だったから
落ち着いて見ることができなかったから
大学の先輩、山本さんの展覧会にも改めて行く。

感想をちょこちょこ書いている途中・・・

c0211701_13515696.jpg

[PR]
by takuji0808 | 2010-09-24 12:57 | つぶやき

壁・植物・矛盾・岩見沢

カラフルな色彩の暴力を表現することは、外にあるものを
ホワイトキューブにもってくるという逆説に面白さがあるのであって、
それを最初から外のパブリックな場に置くと肝心の問題意識が埋没していく。

その他の自分の作品の基本コンセプトも、同じように逆説的に組み立てたり、
ギャラリーのようなある種守られた空間に置くことを前提として強度を保っていく
感覚がある訳です。

コミュニティーアートを否定はしないが、
取って付けたようなワークショップには違和感を感じる。

自分がやるべきことはそこではないのはつくづくわかってるので、ペインターと
してのアプローチが真っ当だと判断して、じゃあ壁画を描こう、と考えた訳です。


で、テーマとしては、ダブルミーニング(二重の意味)を意識しました。
同じ壁に描くのは二度目ですので、そのあたりの個人的感覚と
建物や街の再生と破壊の意味を重ねれば面白いかも、という感じ。

で、イメージとしてあったのは、植物です。

廃墟にたくましく侵食して、普遍や無常を感じさせ、
自然と人工の境目を無くしていくラディカルさに対する憧れとでもいうのでしょうか。

矛盾する(対立する)概念を超えていく状況を作り出すことの
難しさを感じますが、そこを乗り越えないといけないのは
アートの宿命的なのかもなあ、なんて考えてジャカジャカ描いています。

c0211701_118339.jpg

[PR]
by takuji0808 | 2010-09-18 12:18 | つぶやき

近況 09/17

・個展の感慨ひとしおの間もなく、仕事や
岩見沢の壁画制作などが怒涛のように押し寄せる。

こりゃあ先輩のアーティストトークも無理かなあ。

壁画制作は予想通りの進度なので、土曜日には形になって、
日曜日には完成すると思うんだけど、予定は未定。

全く異なるアプローチの制作をすると、
またそれはそれで発見があって面白い、単純に。

・アトリエでの制作(支持体作りとか)は
再来週から休みがあるからそのときかな。

ついでにプラスチックも拾いにいきたいな。

・本も注文した。
「波状言論+PLANETS 2010 WINTER SPECIAL Final Critical Ride 2」
「PLANETS SPECIAL 2010 ゼロ年代のすべて」
「PLANETS vol.7」

・車検でお金が飛んでランナウェイ。

そんな感じ。
[PR]
by takuji0808 | 2010-09-17 09:43 | つぶやき
個展終了しました。

とはいってもまだ搬出があり、それが一番憂鬱です。

しかし課題も展開も見えたのは、来ていただいた方のおかげです。
この場を借りてお礼申し上げます。

取り急ぎの展示風景ですがアップしておきます。

ではまた、お会いしましょう。

[1階]「失われたタブロー」シリーズ 展示風景
c0211701_1442654.jpg


[2階]「中身が無くともイメージがあればいい」展示風景
c0211701_14421741.jpg
c0211701_14422855.jpg

[PR]
by takuji0808 | 2010-09-12 20:57 | つぶやき

<20>終わりが始まり

テンポラリーで個展をやるとなると、
中森さんが自分の作品をどう読み取るのかが
結構気になるところで、それをズバッと言われると
ああ、やっぱりやってよかったなーなんて思う。

どう作品が読み解かれるのかが自分の考えと違っていたり
自分なりの新しい作品の見方ができるようになったり
何が足りないのかが明瞭になったり・・・

まだまだ勉強不足だし、世界(外側)との付き合い方も見方にもエッジが足りないし
作品化する技術も足りないってことがよくわかりました。

今後どういう風に展開していけばいいのかをじっくり考えて、
また誠実に制作をしていくだけですので

とりあえずおしまい。
(休ませて~)

c0211701_16133961.jpg

[PR]
by takuji0808 | 2010-09-12 08:44 | 作品解説2010
「思考と展示の仕方」

このブログを定期的に読んでくれる人は分かると思うんですが、
自分が文章を書くと非常に散文的になってしまうというか、
断片的な思考や言葉がとっ散らかった状態のままアウトプットするという
(悪しき)癖があるようです。

これは、自分が何か物事を考え、言葉になり、自分の中で意味を持ったあと、
それを断片のままメモする癖があって、携帯電話のメモ機能でよくそんなことを
しているのですが、それが関係しているような気もします。
(単純に性格の問題かもしれませんが。)

本来なら文章にする際に、そういう考えを上手く数珠つなぎにしたり、
関係性を持つ事柄をマッピングしたり、整理するのだと思います。

しかし、自分はその断片的な思考を断片的なまま並べてしまうので
結局よくわからない状況になっていることがしょっちゅうなんですが、
ここで言いたかったのは、2階のコラージュ作品にも
そんな自分の思考方法が表出しているような気がしたということです。

本来ならばそういう過程は作品の裏側に隠して見せないものですが、
その過程には思考が運動して、つながっていくダイナミズムのようなものがあって
それが場所性や下の作品と勝手に結びついたという感じがします。

世の中の仕組みや物事の構造、関係性というのは基本的に同じ構造になるのではないか、
と最近思っていて、その断片を断片のまま出していった結果、その構造が社会性と結び付くのなら
よりリアリティのある表現になるのかなーなんて思います。

そのためにはもっと研ぎ澄まさないといけないものがたくさんあることを発見したし
その先の未来を提示することが出来たらもっといいので、
今後はそのあたりエッジを利かせた表現になれば、と思います。

つづく

c0211701_1571688.jpg

[PR]
by takuji0808 | 2010-09-11 09:58 | 作品解説2010