日々の制作と生活を、思いつくままに描く。札幌在住、美術家。西田卓司のブログ。


by takuji0808

<   2011年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

私たちの現実世界があって、扉が違う世界に通じている、というのはファンタジーで良くある導入である。それが扉ではなく木の根もとにある穴や絵画、洋服タンス、駅のホーム、トンネル、洞窟…何の形でもいい。違う世界への入り口の象徴として「入り口」は重要なキーワードとなる。アリスしかり、ナルニアしかり、ジブリしかり。

(ちなみにここでいう物語は神話や宗教のなかでの世界観ではなく、オタクやサブカルの中で消費される世界観を軸として考えています。その相違も考察すればきっと面白いだろうけどここでは割愛。)

  ■

「扉をくぐった主人公が冒険し、成長し、何かを達成し、何かを得る。」

非常に古典的な物語の組み立てだ。

  ■

個人的に、扉という設定を最も効果的に作品に取り入れたのは「モンスターズインク」だと思う。それ故に、「主人公が違う世界へと旅立ち、冒険し、成長する物語」には限界が来た、ということも言える。

「異なる世界」(非日常)は「私たちの世界」(日常)のカウンターとして存在していた。そしてその世界に飛び込むためには、扉が必要だった。なぜなら、最後には主人公は「私たちの世界」(日常)に帰ってくるオチが必要だったからだ。

(ドラえもんたちは、大長編の最後では必ずのび太の部屋にどこでもドアで帰還し、ママはそれに気づかない状態で、夕日バックのエンドロールというようなベタなオチが重要だった。)

この日常/非日常の対比によって物語の強度は保たれていた、といえるだろう。主人公が日常に帰還することで非日常が際立ち(現実世界の主人公にその経験がフィードバックされ)、そこにエンターテイメントが生まれる。つまり扉こそ観客が物語に没入するための一種の装置であった。

扉はファンタジーと現実をつなぎとめる楔であり、世界をわかりやすく示す境界線のようなものだったのだ。

  ■

とまあこれが一昔前の「世界」の構造を描くシナリオだったわけだが、現在はどうだろうか。

扉はパソコンや携帯電話のディプレイになり、タッチパネルになり、3Dになっている。我々は扉を通る必要もなく、違う世界へとアクセスできる。

甲殻機動隊やマトリックス、インセプションなどの作品における「世界」の構造は、現実世界に対立するわけではなく、コインの裏表のように、あるいは寄り添うように存在し、そして現実世界との間にある境界線をぼやかしていく。

これは、携帯電話やパソコン、ネットワークなどのデバイスが人間の身体性を拡張して、ネットワークという新しい世界が自分たちの世界に隣接している現実だ。

  ■

さて、ここで考えなくてはいけないのは、東北地方太平洋沖地震で、また現実世界のほうが揺り動かされている「いま」だろう。

911の時も思ったが、あれほどショッキングな映像が流れていながら、どこか「視た事のある」感覚に襲われた。それはアニメや漫画、映画で何度も見た光景だ。

表現するものとして、この問題については、ずっと考えて行かなくてはいけない気がしている。

c0211701_1626890.jpg

[PR]
by takuji0808 | 2011-03-25 21:03 | つぶやき
サッポロアートシンクロニシティ!

ここ最近行われている札幌での活発なアートの動きや現象をまとめて、こう名付けます。
(発案:自分)

そのなかで行われている展覧会の感想です。


「サッポロ未来展」

作品ひとつひとつに見応えはあるし、(自分が絵画好きっていうのもあるけど)
近美をああいう仕切り方をして魅せる展示方法は良かった。
現代美術から公募展的なスタンスで作っている人が入り混じっているのは確かに「サッポロ」のリアルだ。

札幌で作家をたくさん集めて団体展をする場合、そのキュレーションはジャンルや世代で区切る他は、幕の内弁当のように、あるいはパーティーの仕出し弁当のように雑多としたものを区切っていくしか方法がないから、まあこれはこれでいいんだろうなーっていつも思う。

まあサーカスっていうくくり方は横浜トリエンナーレを想起させるし、テーマとしては一昔前って感じがしてちょっとダサいけど、だれもそこは突っ込まないんだね。

自分はピクサーアニメがここ最近おもしろく感じていて、それはなんでかというと、古典的でスタンダードなテーマを扱いつつ、コペルニクス的転回によってその「テーマ」をアップデートさせているからだと思っている。

だからサーカスでもなんでもいいんだけど、単なる枠組みの名称ではなくて、そのテーマをアップデートさせる(意味を拡張させるような)ことが今後必要になるんじゃないかな。


「BEGINNING」

また違うパッケージング。

場との関係とか、アーティストが集まったときの熱量のようなもの(祝祭、グルーヴ感)を考えさせられた。

「ここではなにか面白そうなことが起こっていそう」って感じ。
これって世代や場所の恩恵なんだろうな。

そうなると作品がビジュアルだけ上滑りしていって、じっくり、しっとりと鑑賞するというより、ウィンドーショッピングのように、その雰囲気の中で流し観る方が正しいようにも思えてしまう。まああの場所でやるならそれが正解なんだろう。

とはいっても、じっくり観ても楽しめる作品も多かった。
こういうの観ると自分の作品がいかに中途半端な扱いづらいことをやっているかがわかる。
(自戒を込めて・・・)

中途半端な現代美術かぶれな作品って強度が無い(作品の構造が弱い)んだけど、この場ではそういうのはなかった。作家は一人一人ちゃんと場に対して向き合っていて好印象。

あとは厨二病を否定するようなスタイリッシュさがここでいう「作品」なのかも、なんて思ったり。

個人的な作品の好みの話になるのだけど、スタイリッシュばっかりじゃ胸焼けするから、どっかで泥臭さや不器用さ、極端なフェチズムが隠し味になっているのがいいバランスの作品なんじゃないかと思っている。そういう意味では、もっとウィットな(お馬鹿でキャッチーな)作品があっても良かったんじゃないかなあと思う。

c0211701_16253483.jpg

[PR]
by takuji0808 | 2011-03-25 20:57 | 展覧会感想

彫刻メモ

彫刻に関して まとめ、メモ

いまさらだが芸術勉強会でのことを自分なりに思考したメモです。


今は「平面」と「立体」いう言葉もあるけど、空間に対しての考え方が決定的に違うのが彫刻で、さまざまな情報・思想・思考・身体性・エネルギーを平面上に圧縮していく(レイヤー状にしていく)のが平面で、空間にそれらを拡張させていくのが立体っていう単純な話を確認できたの良かった。

Kさん曰く「予備校時代から彫刻専攻と絵画専攻でデッサンの仕方(最初の意識)が違う」。
川上さんも同じような意味で「空間に対して」のデッサンが彫刻では重要と発言していた。

そうなると、クリストや川俣正のデッサンが重要になりそうだし、今回川上さんが見せた「マウントしたフィルムを模した彫刻作品」もアカデミックなジャンルを越境、結合した、コンセプチュアルな作品だということがよくわかる。

  ■

村上隆や奈良美智の立体作品、フィギュアなんかは、平面出身の人の立体作品ってニュアンスが強い。これは簡単にいうと、無着色のフィギュアが「立体作品としてどうなのか」って話だと思っている。

あるいはステラのレリーフ状の絵画と、ピカソの立体作品の比較だろうか。

  ■

あとは絵画史では重要な「写真登場」が彫刻にはあまり影響を与えてないこと、
似たような転換期があまり起こっていないことが面白かった。

神の不在、建築、素材(石油系素材、プラスチック)なんかは絵画史とほぼ同じ感じ。


同じように、絵画で言うコラージュ(情報社会のメタファー)にリンクする表現方法はあるのかどうか、が気になったな。


このあと別件で建築関係者に話を聞く機会があり、パソコン(CAD)以前の建築史のターニングポイントはなんですか?と聞いたら、「電卓」と言われた。

これは3次元の計算(曲線の表現)が可能になった、ということ。

これって彫刻のスケールが巨大になるのと深いかかわりがあるんだろうな、と推測。

  ■

今回は輸入された彫刻の概念を基本にやったが、それ以前の日本にあった仏教彫刻や工芸、以後の海外の影響を受け混ぜこぜになっていく具象彫刻、木彫、もの派からフィギュアに至る過程、ロボットやデバイスによる身体性の変化なんかを確認出来たらよかったけど時間がなかったな。

c0211701_11454034.jpg

[PR]
by takuji0808 | 2011-03-20 12:26 | つぶやき

地震、津波、ツイッター

地震、津波。

とりあえず、被災地や、いまも必死の活動をしている人に対して祈ること、
想像力を働かせること、落ち着いて何ができるのか考えることを優先しようとおもいます。

青森の親戚の無事も確認でき、ほっとしています。

地震直後からタイムラインが地震直後から凄まじい勢いで、まさに津波のように流れていく様子は「本当にやばいことが起こっている」裏付けをされているようで恐ろしかった。

公式・非公式、真実・デマ、リアル・リアリティが多重に折り重なっていく。

ツイッター(ネット社会)のメリットデメリットがイレギュラーな状態だからこそ
浮き彫りになるのを目の当たりにする。

善意の情報拡散が障害になってしまうこと。
情報収集のいちツールとして使うなら結構優秀なこと。
ツイッターのリテラシーはグレーゾーンが多いこと。
などなど

とりあえず、素人の善意が迷惑になることもあるので、目先のできることにとらわれて「現場」を圧迫することもあるので、留意しましょう。

日本はどうなるんだろうな…

c0211701_1243769.jpg

[PR]
by takuji0808 | 2011-03-13 12:50 | つぶやき

近況 

おひさしぶり!!

ひどかった雪も気付けば小康状態かなーと思っていたらドワっと降る。
この感じは北国特有の春への焦燥感、雪に対しての諦めがありますね。


今働いているところが来年どーなるかこの段階でわからないという
綱渡りな人生を歩んでいるような状態でも、とりあえずあと1年は大丈夫そう。

そう、全部雪のせい・・・

とはいえ人生どうしようかなーなんて考えながら確定申告へ。

帰る途中で急にグワングワンとするなーと思っていたら、微熱。
そしてこのタイミングで地震。もういろいろ揺れ動いている。

おかげで久しぶりの休みは半日寝て過ごしました。

とか鬱っぽい感じの文章にも見えますが意外と元気です。
まあ何か月前か、すごい変な時期もあったけど。
(外界と遮断したような音信不通状態、仕事ばっかりで少し鬱だった)


近況としまして

・とりあえず毎年恒例のコンペもダメだった。

・料理をしたりしてストレスを解消してる。

・作品もちゃんとつくってます。

・バレンタインはなぜか岩見沢の三船で山本先生とマンツーマンで呑んでました。

・「芸術勉強会」に参加。川上さんの彫刻史レクチャー。

まあ、歴史の勉強としてはほとんど概要と川上さんオススメ作家紹介だった。
ドナルドジャットの美術館とかは行ってみて――ってなった。

・ブログの文章も二次創作のこととか、彫刻のこと、画家共有できる感覚のこと、北海道のこと、最近の札幌のこと、最近見た展覧会のこととかいろいろあるんだけど途中まで文章化して挫折してる状態です。

ま、落ち着いたらまたまとめますので。

c0211701_14521732.jpg

[PR]
by takuji0808 | 2011-03-11 12:39 | つぶやき