日々の制作と生活を、思いつくままに描く。札幌在住、美術家。西田卓司のブログ。


by takuji0808
01_プラスチックの幻想・イメージの表面

さて、アートボックスに展示をしていますが皆さん見てもらえましたでしょうか?

c0211701_0462810.jpg


この作品、というかプラスチックを組み上げる作品を制作するときにイメージソースとしてずっとあるのは「未来都市」です。
その未来都市は、映画の中で描かれるような雑多雑然とした(ブレードランナー的な)多国籍な都市ではなく、もっと漠然とした「未来予想図」です。

わかりやすいのは小松崎茂のボックスアートだろうか。
(自分の世代で言うと、ウルトラ怪獣大図鑑表紙の梶田達二さんの師匠)
わからないひとはggr

ちょっと世代的にずれているとは思うけど、そういう時間差(ひとりジェネレーションギャップ)が自分の中に結構あって、そのイメージプラス、リアルタイムの影響をどう作品に落とし込めるかはずっと考えている。昭和に生まれてはいないけど昭和歌謡曲特集で知っている、みたいな2次消費はありふれているから、世代間の断絶なんてものは言葉遊びのような側面がある。

閑話休題

懐かしさとか、失われた未来、色鮮やかだった過去、消費されたイメージ…
今回の展示のためにまたポートフォリオ再編をしていたら、そういう表現したい世界が自分の作品の根幹にずっと流れてるということを改めて感じた。

自分の作品は消費社会への警笛(陳腐な言い方)のリメイクのようなものだと思っていて、批評性自体がリメイクされ、形骸化していくことに対して向き合っていこうと思っている部分がある。

ビレッジバンガードやら、ユニクロなんかに行くと、ポップアートをモチーフにした商品がたくさんある。あるいはジャスコとか量販店に行くと感じる郊外や地方のリアリティが対立構造でもなくフラットな等価値でもなく、ただそこに意味も無く表面的に存在するような、便利な日常がある。

たとえば、ポップアート的なデザインの二次消費がもはやありふれすぎていて、そこに対してどう作品の中でそこまでも表現出来るかはずっと考えてはいるのだけど、表現しきれていない感じがする。へんに言い訳臭くなってしまうというか。そこらへんの突破力というか表現力というか作品の基礎的な力みたいなものはまだまだ弱い感じがする。

文明の恩恵に対して、自分が出来ることはたかが知れていて、そういう二重構造、自分自身のどうしようもなさも含めて、プラスチックという素材感が今は感情移入できるのだと思う。

<続く>
[PR]
# by takuji0808 | 2013-06-24 23:32 | つぶやき
小品で商品の作品だします。

今まで作っていた平面の流れとはまた違う流れでの水彩のような不思議な平面作品です。
実験的な部分もあり、売れねーだろうなーとか半分あきらめています。(オイ)

作品自体は可愛いというか、なんというか… な感じです。
詳しく知りたいって? じゃあ見に来てくださいね!(誘い方下手)

あと、CAI02のraum01(広い方)の壁面も白い壁になるそうで、そのお披露目ということもあるでしょう。

よろしくお願いします!

以下CAI02 のHPからコピペ。

c0211701_083335.jpg

「自分のためにアートを買いたい -U50,000- 展2013」

■会期 2013年6月8日(土) ~ 6月22日(土)
 ※6月22日、28日はトークイベントの為、17:00以降 raum1の展示を観る事が出来ません。ご了承ください。
■会場 CAI02 札幌市中央区大通西5丁目昭和ビルB2(地下鉄大通駅1番出口)
■オープニングパーティー 6月8日(土)19:00~
■主催:CAI現代芸術研究所

今回で5回目となる「自分のためにアートを買いたい-U 50,000-」アートと暮らすための展覧会。
アートをもっと身近に感じてください。好きなアートと出会い、一緒に暮らす。
〝アートを買うこと〟は、実はとてもシンプルなこと。
あなたの毎日にアートが溶け込んで、あなたを楽しませること。あなたに力をあたえること。
こころを潤すことを願って、全ての作品が1点5万円以下。
好きなスニーカーを買うように、アートを買いに来てください。
好きな作品に出会ったら、決心してください。今日からアートと暮らすことを。


■参加アーティスト
阿地 信美智/伊藤隆介/石倉 美萌菜/磯崎道佳/伊藤明彦/今村育子/大泉力也/岡部昌生/大黒淳一/風間天心/風間雄飛/樫見 菜々子/上遠野 敏/川上りえ/蒲原みどり/菊地和広/吉川貫一a.k.a.祭太郎/小島歌織/小林麻美/斉藤幹男/酒井広司/佐藤史恵 /澁谷俊彦/下沢敏也/進藤冬華/杉田光江/鈴木涼子/鈴木悠哉/仙庭宣之/高橋 喜代史/高橋俊司/武田浩志/谷口明志/田村 佳津子/田村陽子/ダムダンライ/千葉 加菜子/土田俊介/中橋 修/西田卓司/端 聡/久野志乃/FUJI SHOTARO/藤木正則/藤倉 翼/藤沢レオ/藤本和彦/山本雄基/吉井 見知子/渡辺行夫 (敬称略)
[PR]
# by takuji0808 | 2013-06-06 00:31 | 告知
お久しぶりです。展示の準備プラス仕事でバタバタしていました。
会う人会う人に「やせた」「アゴがシャープになった」と言われていますが、実際自分では分からないので何とも言えません。ああいう時ってどう切り返せば良いんでしょうか?そんなことはどうでも良いんですが告知です。

公募開始から4年目でやっと展示できます。

簡単にいうと「プラスチック製品を積み上げていくポップなインスタレーション」です。
作品の詳しい内容や、コンセプトなどは折りをみて書きますが、ARTBOXという空間、環境に対して自分なりの答えを出せたらと思います。

________________________________

JRタワーARTBOX「 カラフルから降るカラー」

c0211701_23591730.jpg

■会期/2013年6月1日(土)~ 2013年8月31日(土)8:00~22:00
   (※最終日は20:00まで)
■場所/JR札幌駅東コンコース・JRタワーARTBOX
■お問合せ/JRタワー文化事業室 011-209-5075(平日)

色彩のコントラストは日常の差異であり、世界に対する違和感でもあり境界線そのものです。
それは軽やかな色彩だけが積み重なっていく表面にだけ存在します。
そしてカラフルな身の回りの日常を再構築することで、自分自身のリアリティが現れます。
色鮮やかに日常を彩りもしますが、同時に暴力的で、それでいて不健全な脆さがあります。
そんなある種の「危うさ」が、人びとが行き交う札幌駅の中に出現するはずです。



■西田卓司(にしたたくじ)略歴 
1983年 北海道札幌市生まれ

2007年 北海道教育大学札幌校芸術文化課程美術コース油彩専攻卒業

2009年 北海道教育大学大学院教育学研究科教科教育専攻美術教育専修西洋画研究修了

2010年 「ワーキング フロー」テンポラリースペース(札幌)
2010年 岩見沢アートプロジェクト「ZAWORLD II」岩見沢市内各所(岩見沢)

2011年 「Asian Art Way in Shanghai 2011」半島1919日本文化村(上海、中国)
2012年 「日常の冒険 -日本の若手作家たち-」 札幌大通地下ギャラリー500m美術館(札幌)

2013年 JRタワーARTBOX一般公募・優秀賞受賞

[PR]
# by takuji0808 | 2013-05-31 00:27 | 告知
c0211701_21564987.jpg

なんとなく今年を振り返ります。

・主な作品発表
3月「絵画の場合ー最終章ー」
5月「日常の冒険」
9月 個展「ワーキング ループ」


・まじめに書いた記事
(いつもまじめに書いてはいますが 汗 )

「宇宙船というモチーフ」
http://takuji0808.exblog.jp/18425008
「やま、的なモノのもつ想像力」
http://takuji0808.exblog.jp/17885955
<メモ>ロボットたちの墓標
http://takuji0808.exblog.jp/18021778


・今年を振り返って

制作に関しては、頑張っていないとは言えないけれど、中途半端な感じも否めない。
単純に、個展をしないといけないだろうなあ。あとはどっかいくとか?

ももクロにハマったり、呑み過ぎて救急車で運ばれたり、仕事が変わったり色んなことがありましたが、忙殺という言葉に惑わされずに、斜視でいながら、大切なことを見逃さないように生きていたいと思います。

お世話になった方、迷惑をかけた方、気にかけてくださる方に感謝いたします。
来年もよろしくお願いします!
[PR]
# by takuji0808 | 2012-12-31 22:19 | つぶやき

箱椅子の作り方

箱椅子。(hakoisu)

美術作品を制作する際に、箱椅子があれば非情にやりやすいです。
美術系の大学には必ずと言っていいほどあり、在学中お世話になったひとは多いでしょう。

自分も端材で箱椅子を作って持っているのですが、同じ大学の先輩後輩のアトリエからの注文ということでまじめに制作してみました。箱椅子の作り方、なんて探しても無いので残しておきます。

More
[PR]
# by takuji0808 | 2012-11-20 22:07 | 制作